2014年05月30日

チョンキンマンションで初の宿泊、パリスゲストハウス(Paris Guest House)に泊まった感想と詳細

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

ネイザンロードに面したチョンキンマンション正面入口。
いざっ!
と言っても、かつて両替のみで来ていたことはありました。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

パリスゲストハウスへはブロックDのエレベーターを利用。
建物正面から入って、最初の通路を右に曲がり、
次を左に曲がると、右手にあります。
左右2機あるエレベーターの右側で7階へあがります。

このとき、すんごい混み合ってました。
7階なので、その気になれば階段で登れるんですが…。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

鉄格子系の扉がありました。
どうしたら良いのかな〜と案内とか張り紙を探してると
内側から開けてくれました。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

こんなお姉さんはいませんでしたが、
レセプションはこんな感じでした。
キーデポジット香港100ドル。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

案内された部屋。
せまっ!
でも、そこまで驚きはしなかったです。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

一応、テレビもあり、ホットシャワーも。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

シャワーはなかなか暑くならず、3月だったので、
水では無理なので、諦めました。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

石けんとかシャンプー。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

ベッドの下にはセーフティーボックスも。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

廊下にお湯の沸いてるポットがあり、
紅茶、コーヒーなどが飲めるようになってました。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

電子レンジや冷蔵庫なんかもあったようです。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

夜21時頃になり、下に降りて食事へ。
カレー屋っぽいのがあり、食べてみました。

パリ ゲストハウス (Paris Guest House)

あんまり美味しくない…。
なんですか、これ?と思いましたが、完食。
屋台のご飯みたいな感じだったんですが、結構高かった…。
庶民の食事は香港の物価も安いと思ってましたが、そうでもなかったです。

宿泊予約サイトで見かけた泊まった人のレビューでは

・ロケーションが良い
・部屋は清潔
・エレベーターが混んでいて乗れない
・インドっぽい雰囲気

と、想像に違わないコメントが多いです。

レセプションにいたインド人系の男性はキーデポジットを渡し、
控えをくれないので、くれ!と言うと、必要ないと言う…。
どうしても、ほしいと言うと、くれました。
チェックアウトの際、別のスタッフになっていて、
キーデポジットの控えを求められました。ほーら、やっぱり!

チェックインした際、部屋に案内し、鍵を持ってくると言って
戻ったまま、ずっと来ないので、レセプションに行くと
「あっ」という顔をしてました。

周囲は静かですし、物騒な感じもしませんでした。
1泊、2泊くらいなら問題ないと思います。
女性はちょっと、どうなんでしょう?
ミラドーマンションの方が良いかも。

レセプションが10階に移った様子。

コンビニで買うようなものがあればチェックイン時に
買っておくと、良いと思います。
できるだけエレベーターに乗らなくて済むように。

>>パリスゲストハウスの料金・詳細をアゴダでみる

『チョンキンマンションの所在地と正面入口』

大きな地図で見る

スポンサーリンク

posted by 茶餐廰 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・安宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

香港で見てみたかった場所、1993年まで実在した九龍城塞

☆香港1泊70ドル以下のホテル・安宿情報と宿泊レビュー

九龍城塞

モノクロだと何ともノスタルジックな雰囲気。
北角辺りには似たような感じがないでもないです。
とはいえ、九龍城塞は別物だったようです。

今の香港も好きですが、ジャッキーチェンの映画が
流行った頃の香港も憧れます。

ジャッキーチェンの映画でも九龍城塞が登場していた気がします。
本当に九龍城塞だったかどうかは不明ですが、映画撮影所があった
ダイヤモンドヒルが近いような気もしないでない。

あとは、ビルにぶつかるんじゃないかと言われていた
スレスレを通る飛行機も見てみたかったです。

チョンキンマンションも最初はドキドキでしたが、
もうキレイな感じですし…。

ドキュメンタリーの動画をみつけました。
雰囲気がよく伝わってきます。
>>記憶のなかの都市:20年後の九龍城砦

スポンサーリンク

posted by 茶餐廰 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)に泊まった感想と詳細

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

現在、レセプションは16階に移ったらしいアショカホステル。
デルタホテルと系列っぽい感じなので、一緒になったのか…。
チョンキンマンションの正面入口を入って、すぐ左のエレベーターを利用。
そこがブロックAらしいです。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

13階のレセプションがあった入口。
今は部屋になってるのかも。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

かつてのレセプション前の様子。
奥が部屋なので、そのまま使われてることかと。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

キーデポジットなしで受け取ったキー。
早朝にチェックアウトをすることが多いので、
キーデポジットがないのは助かります。
多分、デルタもないのかと。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

4人部屋のドミトリー。
みたまんまの感じで寝るには問題ない清潔感。
快適度は同室の人によるでしょう。祈るしかない。

部屋には鍵のかかるロッカーがありました。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

部屋に併設されているシャワー・トイレ。
毎日、清掃されているようですし、
どうしようもないということはないかと思います。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

13階の部屋から見下ろしたネイザンロード。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

共有スペースが広くて良いです。
部屋ではできない荷物の整理をここですることができます。
清掃のおばちゃんとかに見られましたが特に問題なし。

アショカ ホステル (Ashoka Hostel)

早朝、チェックアウトしたときのレセプション。
カウンターの下でスタッフが寝てました。

インド人系ですが、インド人街特有の臭いなどもなく
安いし、また泊まっても良いかと思ってます。

ホテル予約サイトで見かけた宿泊者のレビューでは

・重慶大厦なので立地は抜群
・午前中〜昼過ぎはエレベーターが渋滞
・冷蔵庫と電子レンジが使える
・寝るだけなら良い

と、比較的良さそうなコメントを多くみかけました。

現在はエレベーターで15階まで行き、階段で16階まで上がって
チェックインするようです。荷物が多いと大変かもしれません。
そしてどうも13階の部屋に宿泊するのが一般的なようです。
そのうち変わるかもしれませんが…。

冷蔵庫と電子レンジがあるのはポイントが高いかもしれません。
冷蔵庫に何を入れておくかは微妙ですが、長期滞在者には便利かも。
ウォーターサーバーで水とお湯があれば水を買いに降りなくても良いのですが…。

>>アショカ ホステル (Ashoka Hostel)の詳細はこちら

スポンサーリンク

posted by 茶餐廰 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・安宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。